臨床工学技士とは

臨床工学技士法に基づく、医学と工学の知識を兼ね備えた国家資格です。人工心肺装置や人工呼吸装置、人工 透析装置などの高度で複雑な医療機器(生命維持管理装置)を医師の指示の下に操作、保守・点検する仕事です。近年の医療技術の発展により医療現場では次々と新しい医療機器が導入されています。このような状況において、医学と工学の知識を兼ね備えた臨床工学技士は「安全な医療」と提供する専門家として必要とされています。

 



 

1年次
将来、医療現場の最前線に立つ者としての倫理観、医学の基礎となる人体の構造と機能や疾患について学びます。また、物理学は高等学校のレベルから始まり、電気工学、電子工学を学び、工学の基礎固めをします。

 化学   医用英語      病理学     応用数学    情報処理工学
 物理学  英語        基礎医学実習  電気工学    臨床工学
 生物   公衆衛生学     医学概論    電気工学実習
 心理学  人の構造及び機能  看護学概    電子工学
 
2年次
1年次に学習した医学・工学知識をもとに生理学や薬理学、機械工学などさらに知識を深め臨床工学技士が医療現場で扱う医療機器の仕組み構造を学びます。

 臨床生理学   機械工学       計測工学       呼吸療法装置学実習
 臨床生化学   システム工学     医用機器学概論    体外循環装置学
 臨床免疫学   システム情報処理実習 医用治療機器学    体外循環装置学実習
 臨床薬理学   物性工学       医用治療機器学実習  血液浄化装置学
 電子工学実習  材料工学       呼吸療法装置学    血液浄化装置学実習
  
3年次
医療機器を使用した学内実習で実践力を養い、実際の医療現場において手術室や集中治療室、血液浄化装置実習を行います。また、臨床工学技士国家試験対策授業を行い合格を目指します。

 生体計測装置学       内科学         麻酔集中治療医学
 生体計測装置学実習     呼吸系医学       実習事前事後指導
 医用機器安全管理学     循環器系医学      臨床実習
 医用機器安全管理学実習   腎臓・泌尿器系医学   卒業研究
 医療関係法規        感染系医学